【朝鮮半島問題】 トランプ大統領が韓国の文大統領、日本の安倍首相と電話協議

アメリカのドナルド・トランプ大統領は、朝鮮半島から核兵器が一掃されるまでは、北朝鮮に最大限の圧力をかける政策を続けると表明した。

960611
【朝鮮半島問題】 トランプ大統領が韓国の文大統領、日本の安倍首相と電話協議

 

 

 

ホワイトハウスから出された書面発表で、トランプ大統領が4月28日に韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と日本の安倍晋三(あべ しんぞう)首相とそれぞれ電話協議したことが報告された。

 

トランプ大統領と韓国のムン(文)大統領との電話協議では、ムン(文)大統領が4月27日に北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)国務委員長と行った会談が包括的に取り上げられた。

両大統領は、アメリカの主導で行われている北朝鮮への最大限の圧力政策が北朝鮮政府をこの道にたどり着かせたという認識で一致した。

さらに、完全で恒久的で撤回不可能な朝鮮半島からの核兵器一掃プロセスは、地域に繁栄と平和をもたらすと確認し合った。

 

トランプ大統領は、日本の安倍首相との電話協議でも、北朝鮮は核兵器と弾道ミサイルに関するすべての計画をやめるべきだと強く述べた

 

 

 

(2018年4月29日日曜日)

 

 

 



注目ニュース