モロッコで開催中のアフリカ最大の農業見本市でトルコに高い関心

アフリカ大陸最大の農業見本市という特徴を持つ第13回国際農業見本市がモロッコで開催中であるが、トルコ・ブースに高い関心が寄せられている。

959027
モロッコで開催中のアフリカ最大の農業見本市でトルコに高い関心

 

メクネスで昨日(4月25日)開幕し、4月28日に閉幕する第13回国際農業見本市に参加しているトルコ・ブースは高い関心を集めている。

ブースを受け持つケナン・クルト氏は、トルコがこの催しに参加していることはトルコの農業製品の紹介にとって重要であると明かし、同見本市はトルコのアフリカへの農業開拓にとって門戸となると語った。

トルコが経験の共有と製品の紹介を目的として見本市に出席していると述べたクルト氏は、農業用具、肥料、種子、農薬といったさまざまな製品が展示されていると伝えた。

クルト氏は、製品が訪問者から関心を集めていると述べた。

モロッコ農業省によって2006年以降毎年開催され、約18万平方メートルのエリアに開設されている同見本市には、70か国のブースが並んでいる。

 

(2018年4月26日)



注目ニュース