【イラク】 DEASH破壊のヌーリ・モスクが再建へ

イランの都市モスルで2014年にテロ組織DEASH(ISIL)の名目上の指導者アブー・バクル・アル・バグダーディーが「カリフ宣言」をし、同テロ組織によって3年後に破壊されたモスル・ウル・モスク(ヌーリ・モスク)が再建される。

957823
【イラク】 DEASH破壊のヌーリ・モスクが再建へ

バグダッド国立博物館で行われた式典で演説したアラブ首長国連邦のヌーラ・アル・カービ文化大臣は、アラブ首長国連邦はこの任務のために5040万ドル(約55億円)の資金を拠出すると伝えた。

カービ大臣は、

「5年間のプロジェクトは、モスク、ミナレット(モスクの尖塔)、その土台の再建にのみ関するものではなく、イラク人の若者に希望を与えることに繋がる。1000年の文明を守らなければならない。」と述べた。

カービ大臣とイラクのラーワンドゥージー文化大臣の間で、国連教育科学文化機関(UNESCO)のイラク代表ルイーズ・ハクストハウゼン氏も交えてこの件に関する合意も行われ、署名がなされた。

ハクストハウゼン氏も発表で、

「この活動はとっくに始まっている。活動領域は保護されている。まずその領域を清掃し、残骸を撤去しなければならない。その後モスクとその尖塔の再建を開始することができる。」と語った。

 

(2018年4月24日)



注目ニュース