【シリア】 NATO加盟国、米英仏のシリア空爆を支持

ベルギーのブリュッセルにあるNATO(北大西洋条約機構)本部で4月14日、緊急会合が行われた後、アメリカとイギリスとフランスのアサド体制軍に対する空爆を「完全支持」することが表明された。

【シリア】 NATO加盟国、米英仏のシリア空爆を支持

 

 

 

NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長は、アメリカ主導によるシリアのアサド体制軍に対する空爆を支持すると表明した。

ブリュッセルで開催されたNATO緊急会合の後、記者会見を開いたストルテンベルク事務総長は、アサド体制軍の東グータで化学兵器を使用したことを非難した。

ストルテンベルグ事務総長は、軍事行動が開始される前に、NATOはあらゆる手段を使い果たしたと述べ、軍事的解決以外の選択肢は残されておらず、国際社会派強く反応しなければならないと表明した。

ブリュッセルで開催されたNATO緊急会合の後、NATO加盟各国は米英仏のシリアアサド体制軍への空爆への「全面的な支持」と表明する声明が発表された。

 

 

 

(2018年4月15日日曜日)

 

 

 



注目ニュース