ホワイトハウス 「DEASHの壊滅は近い」

アメリカのドナルド・トランプ大統領がシリアからの撤退を表明したことを受けて、ホワイトハウスはシリアでDEASH(ISIL)対策が終わりに近づいていると公表した。

944967
ホワイトハウス 「DEASHの壊滅は近い」

 

ホワイトハウスのサラ・サンダース報道官は声明を公表し、「シリアでDEASHを壊滅させるミッションが迅速に終わりに近づいており、DEASHはほぼ完全に壊滅させられた」と述べた。

アメリカはシリアに残るDEASH集団を壊滅させる決意をしていると述べたサンダース報道官は、声明で撤退の期日は明らかにしなかった。

アメリカはシリアに関する未来のプランを特定するために同盟国と協議し、意見交換を行っていると明かしたサンダース報道官は、

「未来のプランに関して同盟国や友好国と協議を続けて行く」と述べた。

また、ホワイトハウスからの発表の前にトランプ大統領は、フランスのエマニュエル・マクロン大統領と電話会談を行った。

会談に関してフランスから出された声明で、DEASHは地域の安定だけでなく、フランスやアメリカの安全上の利益にとっても脅威となっていると明かされ、

「両国はDEASH対策を有志連合軍の枠組みで断固として続けて行く」と述べられた。

 

(2018年4月5日)



注目ニュース