トルコ・EU首脳会談後のEU側の発言

欧州委員会のジャン・クロード・ユンケル委員長は、トルコとの加盟交渉継続の保証者は自分であると発言した。

938324
トルコ・EU首脳会談後のEU側の発言

 

ユンケル委員長は、ブルガリアのヴァルナで開催されたトルコ・欧州連合(EU)首脳会談後に開かれた共同記者会見で発言した。

発言でトルコ・EU関係に言及したユンケル委員長は、「我々を結びつける事柄に言及すべきである。実際我々には共通の利益と共通の課題があり、これらに共に解決法を見出す必要がある。我々には安全保障問題に関して戦略地政学的な利益がある。現在逆のことを言う者がいても交渉は続けられる。私が交渉継続を保証する」と述べた。

トルコがEUの真のパートナーになることを望んでいると述べたユンケル委員長は、

「戦略パートナー関係において、我々を1つにまとめる者たちの周りに集まり、我々を分裂させる問題に解決策を見出せるよう、誠実で明確な協力と対話を継続する必要がある」と述べた。

欧州評議会のドナルド・トゥスク議長も、移民問題におけるトルコの努力を称賛すると述べた。トゥスク議長は、トルコと加盟国間の良好な関係は、トルコの加盟プロセスの重要な側面を成していると語った。

また、ブルガリアのボイコ・ボリソフ首相は、

「我々が達成した進展に沿って6月末までに再び会談が開かれる」と述べた。

 

(2018年3月27日)



注目ニュース