アメリカのインジルリク基地撤退報道に関するアメリカ側の発言

アメリカ中央軍(USCENTCOM)司令部は、アメリカがインジルリク空軍基地とカタールにあるアル・ウデイド空軍基地から撤退するとの報道は事実を反映していないと発表した。

937656
アメリカのインジルリク基地撤退報道に関するアメリカ側の発言

 

アメリカ中央軍の公式ツイッター上で行われたシェアで、「アメリカは、トルコにあるインジルリク空軍基地からもカタールにあるアル・ウデイド空軍基地からも撤退しない。これに関する報道は間違っており、根拠がない」と述べられた。

同時刻にアメリカ中央空軍司令部(AFCENT)の公式ツイッター上で公表されたメッセージでも、「アメリカがトルコやカタールにあるインジルリク空軍基地やアル・ウデイド空軍基地から撤退するとの報道には一切真実がない」と述べられた。

メッセージで次のように述べられた。

「共通の安全保障上の懸念に対処するために共に取り組む必要がある時にこれらの有害な報道は、地域におけるパートナー間に不信感と不調和を増殖させる」

この数週間、アメリカがインジルリク基地にいる戦闘軍を撤退させたと報道されていた。

またアメリカがカタールのアル・ウデイド空軍基地に駐留する軍も減少させたとする方向で報道がなされたあと、アメリカがこれら2つの基地から撤退するとする報道が行われている。

一方、アメリカ国防省は、アメリカのDEASH(ISIL)対策作戦の減少とアフガニスタンにおける対タリバン作戦の迅速化により一部戦闘軍がアフガニスタンに配置される目的で送られたと述べている。

国防省はアメリカがインジルリク空軍基地から撤退するとする報道をきっぱりと否定している。

 

(2018年3月26日)



注目ニュース