元スパイ毒殺未遂、ロシアがイギリスに報復措置

イギリスのソールズベリーで3月4日日曜日に神経剤で毒殺されそうになった元ロシア人スパイのセルゲイ・スクリパリ氏と娘のユリア氏に関し、両国間で危機が発生した。

元スパイ毒殺未遂、ロシアがイギリスに報復措置

 

イギリスは昨日(3月14日)、ロシア人外交官23人を国外退去処分にする決定を下している。

ロシア外務省は、イギリスの決定に対して報復措置を取ると発表した。

ロシアのセルゲイ・ラブロフ外務大臣は、イギリスにいるロシア人外交官の国外退去決定を受けて、近くイギリス人外交官もロシアから国外退去処分に処されると語った。

クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官も、スクリパリ氏とその娘の毒殺未遂によりロシア政府に対して制裁決定を下したイギリス政府に対して即座に対応すると語った。

新聞に発言したペスコフ報道官は、

「我々が出す答えをそれほど待つ必要はない。外務省やそのほかの機関が議案を作成する。国家首脳も最終決定を下す」と述べた。

イギリスのロシア人外交官国外退去処分決定は、冷戦時代(1947-1991年)以降、ロシアに対して実施された最大の制裁となるという特徴を持っている。

 

(2018年3月15日)



注目ニュース