シリア国民対話会議 ロシアのソチで今日開催

シリア国民対話会議が、ロシアのソチで始まる。

シリア国民対話会議 ロシアのソチで今日開催

 

 

 

テロ組織PKKのシリアにおける派生組織PYDは会議に出ない。

国連のシリア担当のスタファン・デ・ミストゥラ特使も会議に出席する。

オーストリアの首都ウィーンで、1月25日と26日に行われたシリアに関する特別会議の後、サウジアラビア政府が支援するシリアの反体制派もソチで開催されるシリア国民対話会議に出席することを決めた。

ソチで開催されるシリア国民対話会議で、シリアの未来が議題となり、新しい憲法作成のための委員会を設立することについて話し合われる。

 

シリア国民対話会議の前、メヴリュト・チャウショール外務大臣は、ロシアのセルゲイ・ラヴロフ外務大臣と電話協議をした。

電話協議で、シリア国民対話会議のために行われた準備について話し合われた。

また、考えられる会議の結果に関する意見交換が行われた。

両外務大臣は、シリアの最新状況についても議論した。

 

ソチで開催されるシリア国民対話会議のロゴも明らかになった。

招待状にも使われたロゴには「オリーブの枝」の絵が大きく描かれているのが注意を引く。

ロゴの新しいバージョンは、「オリーブの枝作戦」が開始された後にできたことが考えられる。

 

 

 

(2018年1月29日月曜日)

 

 

 



注目ニュース