【シリア・アフリン オリーブの枝作戦】 テロ組織内部で分裂が始まる

シリアのアフリン地域で大打撃を受けたテロ組織PKK、PYD、YPGのテロリストらの間で分裂が始まった。

【シリア・アフリン オリーブの枝作戦】 テロ組織内部で分裂が始まる

トルコ軍が昨日(1月20日)シリアのアフリン地域のテロリストらに対し開始した「オリーブの枝作戦」の後、アメリカの支援を受けたテロ組織PKK、PYD、YPGの間で分裂が起こり始めた。

「オリーブの枝作戦」において、アメリカの支援を受けたテロリストらは、内部からの打撃を受けた。シリア民主軍内部の最大のグループであるジェイシュ・ユル・スヴァルが寝返ったことが明らかにされた。

地域の報道機関アル・マスダールのニュースによると、ジェイシュ・ユル・スヴァルは、テロリストのグループからの離脱を決定した。

ニュースでは、ジェイシュ・ユル・スヴァルはテロ組織PKK、PYD、YPG内部の最大のグループとして知られており、この離脱はアメリカの支援を受けるテロリストらにとって大きな打撃となったことが伝えられた。

 

(2018年1月21日)


キーワード: シリア , アフリン , テロ組織

注目ニュース