アメリカのトランプ大統領、ウォール・ストリート・ジャーナルの記事を訂正

アメリカのドナルド・トランプ大統領から再び自身の発言に関する「訂正」が行われた。

888456
アメリカのトランプ大統領、ウォール・ストリート・ジャーナルの記事を訂正

 

トランプ大統領は、1月11日にウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)と行ったインタビューで「北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)総書記と恐らく非常に良好な関係にある」とは述べなかったと語った。

トランプ大統領は、ツイッター上で行ったシェアで次のように述べた。

「ウォール・ストリート・ジャーナルは真実を反映しない形で『金総書記と良好な関係がある』と私が述べたと書いた。もちろん、そんなことは言わなかった。私は、『金総書記と良好な関係になれたであろう』と言ったのだ。これらには大きな違いがある。いずれにせよ、記者たちとの会話の音声録音がある。彼らは、私が何を言ったか、何を言おうとしたか非常によく分かっている。彼らはただ記事のネタが欲しかったのだ。フェイクニュースだ!」

 

(2018年1月15日)



注目ニュース