【シンガポール】 初の女性大統領が誕生

シンガポールでハリマ・ヤコブ氏が同国初の女性大統領に宣言された。

【シンガポール】 初の女性大統領が誕生

 

同国で6年ごとに実施される大統領選では、今回少数民族のマレー系にのみ立候補の権利が与えられた。

大統領府選挙委員会から出された声明によると、大統領に立候補したマレー系候補者5人のうちヤコブ氏のみが要件を満たしており、大統領になる権利を獲得した。

候補者のうち1人だけが要件を満たしていたため、大統領府選挙委員会はヤコブ氏を無投票で大統領に宣言した。

9月13日に宣誓して大統領に就任する63歳のヤコブ氏は、同国の第8代大統領となり、47年ぶり2人目のマレー系リーダーとなる。

6月に行われた憲法改正によると、民間部門からの立候補者は3億6800万ドル(約407億円)相当の企業株式を所有している必要があり、公的部門からの立候補者は3年以上重要な役職を経験したことがあるということが要件であった。

この条件により、ほかの立候補者たちは除外されることになった。

ヤコブ氏は、2013年1月から2017年8月までの期間に議会議長を務めていた。

またシンガポールでは、大統領は象徴的な存在となっている。

 

(2017年9月13日)



注目ニュース