DEASH、ロンドンで攻撃を行うよう、攻撃の1年前にジャーナリストを誘導

テロ組織DEASH(ISIL)が、身元を伏せて自らと連絡を取ったジャーナリストを、イギリスのウェストミンスターとロンドンの橋での攻撃の1年前に、これらの場所で攻撃を仕掛けるよう誘導していたという主張が上がった。

800900
DEASH、ロンドンで攻撃を行うよう、攻撃の1年前にジャーナリストを誘導

イギリスの公共放送局BBCのニュースで、BBCに勤め、身元を伏せたジャーナリストが、ニュースを作成するために昨年、インターネット上からDEASHと連絡を取ったと伝えられた。

ジャーナリストとDEASHの間の連絡はイギリス治安部隊の認知するところで行われたとするニュースでは、ジャーナリストがDEASHのテロリストらとソーシャルメディアサイトで始まった接触が、パスワード付きの会話プログラム上で続いたと伝えられた。

テロリストが、ジャーナリストを「ダーク・ウェブ」と呼ばれる違法なインターネットサイトにあるテロに関する文書に誘導したと主張するニュースでは、DEASHのテロリストがジャーナリストに、「車がテロ攻撃でどう使用されるか、ナイフや斧などの刃物の最大限の利用方法や、警察の介入を妨害する偽の自爆ベストなどの演技などについて、オンライン訓練用ビデオを視聴させた。」との主張がなされた。

ニュースでは、DEASHのテロリストが、ビデオを視聴させた後、ロンドンの最も混雑した地点のウェストミンスター橋とロンドン橋で車と刃物による攻撃を行うよう、ジャーナリストに要求したと伝えられた。

 

(2017年9月4日)



注目ニュース