イスラエル軍、パレスチナ人の若者を殺害

イスラエル軍は、占領下の東エルサレムで、「警察官1人を刃物で切り付け、負傷させた」として、1人のパレスチナ人の若者に発砲し殺害した。

イスラエル軍、パレスチナ人の若者を殺害

イスラエル警察のルバ・エス・セムリ報道官は、書面発表を行い、東エルサレムの旧市街地域で「刃物による攻撃を試みた」とした1人のパレスチナ人が発砲され、殺害されたと伝えた。

殺害されたパレスチナ人の素性についての発表は行われなかった。

ここ最近イスラエルのパレスチナ人への攻撃が増加していることが注目される。イスラエル軍は、「刃物による攻撃を試みた」または「車で押しつぶそうとした」として、パレスチナ人に対する権利侵害を続けている。

人権団体は、攻撃を行ったという主張により、パレスチナ人に裁判外の死刑を行っているとしてイスラエルを非難している。

 

(2017年5月13日)



注目ニュース