【イラク】 対DEASH作戦を続けるイラク軍

イラク軍は7か月間にわたってモスルをテロ組織DEASH(ISIL)から奪還しようとしている。

727395
【イラク】 対DEASH作戦を続けるイラク軍

 

テロ組織DEASHは都市から逃亡した民間人にまぎれて攻撃を行ったり、爆弾を搭載した車両を使って自爆行為を行ったりしている。

爆弾を搭載した車両が使用された最後の攻撃で兵士10人が死亡した。

イラク軍は、DEASHのテロリストから地区を1か所さらに奪還し、都市の北西部から新たな前線を張ったと発表した。

モスルに追加部隊が派遣された。

戦闘で孤立した民間人は、テロ組織DEASHが支配する地区からチグリス川の対岸にあるイラク軍が支配する地域へ移動しようとしている。

キルクークのハヴィジャでも、あらゆる方面から包囲されたテロ組織DEASHはペシュメルガ軍の本部を手に入れようと試みた。

ペシュメルガ軍の服を着たテロ組織DEASHメンバーの自爆者5人は、未明に行った攻撃でペシュメルガ軍兵士2人を殺害した。

ペシュメルガ軍は計画を不成功に終わらせ、テロリスト5人を無力状態にした。

地域にいるトルコ赤新月社も、イラク赤新月社と共にテロ組織DEASHの攻撃を逃れた人々への支援を続けている。

トルコとイラクの赤新月社は、一緒に1日5000本のパンを生産して避難者に配給している。

 

(2017年5月7日)



注目ニュース