マクガーク米DEASH対策特使 「DEASH領土の65パーセントが奪還」

アメリカのドナルド・トランプ大統領のブレット・マクガークDEASH(ISIL)対策特使は、同テロ組織がイラクで制圧した領土の65パーセントが奪還されたと語った。

690305
マクガーク米DEASH対策特使 「DEASH領土の65パーセントが奪還」

 

マクガーク特使は、在イラク・アメリカ大使館で新聞記者たちに発言し、イラク軍が有志連合軍の支援により、5万平方メートルの領土をDEASHから奪還し、これは同組織が支配する領土の65パーセントに相当すると言明した。

有志連合軍がイラク軍とテロ対策部隊から9万人を訓練したと述べたマクガーク特使は、有志連合軍の航空機から行われた攻撃でDEASHの幹部メンバーのうち180人が殺害され、組織の供給ルートも絶たれ、外国人テロリストの流入も阻止されたと述べた。

マクガーク特使は、

「DEASHは包囲下にあり、敗北は時間の問題である。」と述べた。

イラクへの支援はアメリカの国家安全保障の主要問題の1つであると語ったマクガーク特使は、

「イラクとの関係は継続可能である。」と述べた、

イラクのハイダル・アル・アバーディ首相がアメリカを訪問し、トランプ大統領と会談する情報を伝えたマクガーク特使は、このことは「歴史的な訪問」になると述べた。

マクガーク特使は、3月11日に首都バグダッドを訪問し、アル・アバーディ首相のほか、議会のセリム・アル・ジュブリ議長やイルファン・ヒヤリ国防大臣と会談した。

 

(2017年3月13日)



注目ニュース