【イラク】 対DEASH作戦に関連する民間人の移住に関する発表

イラクのモスルをテロ組織DEASH(ISIL)から奪還する作戦により家を去った人の数は23万5000人に達した。

681171
【イラク】 対DEASH作戦に関連する民間人の移住に関する発表

 

イラクのジャーシム・アル・ジャフ移住・移民大臣は、首都バグダッドにある省内で記者会見を開き、民間人1万4000人が先週作戦が始まったモスル西部から移住したとの情報を伝えた。

一方、6万5000人がDEASHから奪還された地域にある家に帰宅したと伝えたアル・ジャフ大臣は、「奪還された地域では、水や電気といった基本的なインフラサービスにおける破壊が問題である。」と語った。

アル・ジャフ大臣は、国全体では居場所を追われた民間人430万人のうち165万人が帰宅したと伝えたが、60万人が移民キャンプで生活していると述べた。

先月モスル東部を完全に制圧したイラク軍は、2月19日から西部をDEASHから奪還するために作戦を開始した。

 

(2017年2月27日)



注目ニュース