アレッポにロシア軍戦闘機が空爆、9人死亡

シリア、アレッポのカフル・デアルに行われた空爆で9人が死亡、30人が負傷した。

アレッポにロシア軍戦闘機が空爆、9人死亡

 

アレッポの民間防衛隊のバビリス・メシャル氏は、戦闘機がアレッポ西部の反体制派統治下のカフル・デアルの民間人が住む居住地にクラスター爆弾で攻撃し、その犠牲者のうち3人は子どもだったと述べた。

メシャル氏は、「ロシア軍戦闘機がアレッポ西部のカフル・デアルとダレト・イッゼに激しい攻撃を行った。ダレト・イッゼには白リン弾とナパーム弾を使用して攻撃した。」と述べた。

アレッポの地元活動グループ「エブ・アンマル」は、戦闘機がアレッポ南西部にあるミンヤン村にも激しい攻撃を行ったと証言し、この攻撃により反体制派は村から退陣することを余儀なくされたと述べた。



注目ニュース