キプロス島問題交渉、第3日目

国連の監視下でスイスのモンペルランで続けられているキプロス島問題交渉の第3日目の最初の会議で、行政分配の調整に関する基本的基準が取り上げられた。

607832
キプロス島問題交渉、第3日目

 

外交筋から得られた情報によると、北キプロス・トルコ共和国(KKTC)のムスタファ・アクンジュ大統領とキプロス島ギリシャ側リーダー、ニコス・アナスタシアディス氏は、11月9日現地時間9時45分にル・ミラドール・ホテルで会談した。

会議でアクンジュ大統領とアナスタシアディス氏が、行政分配の調整に関する基本的基準が取り上げられたことが分かった。

スイスにおけるプロセスの第3番目であり、最終段階である「5者会談の期日決定と同時に地図上の簡潔な作業」を行うために基準上の和解模索が11月9日、10日と続けられる。

 

(2016年11月9日)



注目ニュース