南スーダンで武装勢力の人質だった145人の子どもが解放される、ユニセフ発表

国際連合児童基金(ユニセフ)は南スーダンの武装勢力が、人質に取った1万6000人の子どもたちのうち145人を解放したと発表した。

597693
南スーダンで武装勢力の人質だった145人の子どもが解放される、ユニセフ発表

 

ユニセフから行われた文書による発表で、これは南スーダンの武装勢力から2015年以降解放された数でもあると強調された。

この発表でユニセフ・南スーダン事務所代表のマヒムボ・ムドエ氏は、「我々の希望は今日解放されたこの子どもたちが、まだ南スーダンの武装勢力の許に残る1万6000人の子どもたちの解放の先駆となり、このようにすべての子どもたちが家族の許に帰されることだ。」と述べた。

 

ユニセフは、南スーダンで2013年12月に紛争が始まって以来1万6000人の子どもが武装勢力に連れ去られ、今年だけで800人の子どもが武装勢力に参加したと伝えた。



注目ニュース