「フェト」から金を受け取ったイギリスの国会議員

「フェト」こと、フェトフッラー派テロ組織・パラレル国家構造(FETÖ/PDY)がトルコにいるメンバーから集めた金で、イギリスの国会議員エドワード・ガルニエ氏にトルコの顔に泥を塗るようなリポートを書かせた。

「フェト」から金を受け取ったイギリスの国会議員

 

記事はイギリスで発行されているタイムズ紙のものである。

タイムズ紙は、国会議員のガルニエ氏がトルコを批判する「トルコにおける人権の尊重と法の優位性」というタイトルでリポートを作成するのに、フェトから11万5455ポンド(約1560万円)を受け取っていたことが発覚した。

タイムズ紙によると、リポートは、フェト首謀者フェトフッラー・ギュレンが現在名誉会長となっているジャーナリスト・作家財団が依頼した。

トルコのフェトとのつながりのある機関との戦いについて触れられたリポートは、9月に公開された後、デーヴィッド・キャメロン首相とフィリップ・ハモンド外務大臣(いずれも当時)に送られた。

記事は、ガルニエ氏が3月にイギリス議会でトルコと欧州連合(EU)が結んだ移民協定に関して行った発言における「トルコ政府の人権と法の侵害」についての主張とイギリスがトルコのEU加盟への支持を見直すよう呼びかけたことも思い出させる。

タイムズ紙は、ガルニエ氏のほか、貴族院議員のハリー・ウルフ氏もリポート作成に協力したと書いている。

 

 

(2016年8月1日)

 

 



注目ニュース