【キプロス問題】 交渉延期される

北キプロストルコ共和国(KKTC)のムスタファ・アクンジュ大統領とキプロス島のギリシャ側リーダー、ニコス・アナスタシアディス氏との会談が6月21日に行われる予定だったが、キプロス島南部の森林火災のため延期された。

515365
【キプロス問題】 交渉延期される


大統領府から入手した情報によると、キプロス島のギリシャ側リーダー、アナスタシアディス氏は、北キプロス・トルコ共和国のアクンジュ大統領に、3日間続いている森林火災が鎮火していないことを理由に、21日に行われる予定だった会談の延期を要請した。
アクンジュ大統領は、この要請を認めた。


アナスタシアディス氏はTwitterでツイートしたメッセージで、消火活動中に2人目の消防隊員の犠牲者が出たことへの悲しみの気持ちを表明するとともに、火災が起こっている地域に向かう予定であると発表した。


キプロス島南部のトロードス山の麓から出火した森林火災の消火活動が始められて3日目となる。


キプロス島南部、ギリシャ、イスラエルからの合計16機の飛行機とヘリコプターも消火活動を支援している。


キプロス島のトルコ側とギリシャ側のリーダーは、国連(UN)の立ち会いのもと、和平交渉が一番最近では6月17日に行われた。

 


(2016年6月21日)

 


 



注目ニュース