【キプロス問題】 和平交渉は木曜日に延期

6月21日に行われる予定だったものの、キプロス島南部の森林火災のため延期された、北キプロストルコ共和国(KKTC)のムスタファ・アクンジュ大統領とキプロス島のギリシャ側リーダー、ニコス・アナスタシアディス氏との会談は、6月23日木曜日に行われることになった。

515408
【キプロス問題】 和平交渉は木曜日に延期



キプロス島にある国連の調停ミッション事務所は、6月21日に予定されていた和平交渉会談は、キプロス島南部の森林火災により6月23日木曜日に行うと発表した。
会談延期の要請は、ギリシャ側のリーダー、アナスタシアディス氏から来たものであることも伝えられた。


北キプロス・トルコ共和国のアクンジュ大統領は、キプロス島南部のギリシャ側の地域にあるトロードス山の麓で発生した火災で死亡した消防隊員たちへのお悔やみのメッセージを発表した。
アクンジュ大統領は、お悔やみのメッセージで、「トロードス山の火災による被害の大きさと、残念なことに2人の消防隊員が死亡したことを大きな悲しみとともに知った。死亡した消防隊員の遺族、友人の皆さんに個人として、そして、トルコ側コミュニティーとして哀悼の意を表するとともに、ギリシャ側コミュニティーの悲しみを共に味わっている。」と述べた。

 

(2016年6月21日)
 

 



注目ニュース