KKTCアクンジュ大統領 「解決を阻むような行動は慎むべき」

キプロス問題の恒久的な解決に向けて進められている交渉が続いている。

513237
KKTCアクンジュ大統領 「解決を阻むような行動は慎むべき」

 

北キプロス・トルコ共和国(KKTC)のムスタファ・アクンジュ大統領は、キプロス島のギリシャ側リーダー、ニコス・アナスタシアディス氏と交渉の一環として、国際連合緩衝地帯で会談した。

国際連合事務総長キプロス特別代表の任務を引き受けたエリザベス・スペハー氏も、初めて交渉に参加した。

アクンジュ大統領は、約5時間続いた会談後に発表を行い、会談の主題が連邦権限であったと話した。

来週6月21、23日に再び会談すると述べたアクンジュ大統領は、連邦権限問題が完了した後、財産問題が取り上げられると述べた。

アクンジュ大統領は、解決を阻むような行動を慎むことに関しても、ギリシャ側を再び警告した。

 

(2016年6月17日)



注目ニュース