DEASH、ファルージャ襲撃

イラクのファルージャで、テロ組織DEASH(ISIL)が、若者100人をどこかに拘束した。

500784
DEASH、ファルージャ襲撃

 

アンバール県にあるファルージャの一族の長メジド・エル・ジェリシ氏は、DEASHの車両20台に乗り込んだテロリスト約150人がファルージャへやって来て、家々を襲撃し、若者100人を拘束し、どこかへ連れ去ったと話した。

テロリストたちが、若者があごひげを生やしていないことを口実に拘束したとしたジェリシ氏は、

「テロリストたちは襲撃の際に地域住民を侮辱し、イラク政府に対し彼らを支持していないことから我々を臆病者と非難した。」と述べた。

ジェリシ氏は、都市中心部における治安部隊の攻撃の結果、テロリストたちが受けた打撃により、ファルージャ住民に襲撃を行ない始めたと述べた。

一方、イラク移住・移民省は、DEASHが統制しているファルージャを奪還する目的で先週始められた作戦により、これまでに574家族が地域を退去したと発表した。

 

(2015年5月31日)



注目ニュース