アイデ国連事務局キプロス特別顧問、アクンジュKKTC大統領と会談

キプロスでの恒久的解決に向けての交渉が続いている。

448717
アイデ国連事務局キプロス特別顧問、アクンジュKKTC大統領と会談


北キプロス・トルコ共和国(KKTC)のムスタファ・アクンジュ大統領は、エスペン・バース・アイデ国連事務局キプロス特別顧問と会談した。

アイデ特別顧問は、約1時間にわたって続いた会談後に行なった発表で、交渉の今後の方向性に関しアクンジュ大統領と意見交換を行なったと話した。

アイデ特別顧問は、質問を受け、ギュゼルユルト問題がこの日行なわれた首脳会談の議題ではなかったと明らかにした。

アイデ特別顧問は、領土問題が最後に取り上げられるには両者が合意する必要があると指摘し、交渉の場で現在このような議題はないと述べた。

最近、ギリシャ側は「ギュゼルユルトがなければ合意もない。」と発表していた。

ギリシャ側の報道官も、ギュゼルユルト問題が両首脳の会談で取り上げられると主張していた。

アクンジュ大統領はこの発表に反発を示し、領土問題が最後に取り上げられる問題における合意であると指摘していた。


(2016年3月11日)



注目ニュース