イラクの飛行機が運休

イラクのアルビール空港とスレイマニエ空港のすべての国内線、国際線の発着便が48時間運休している。

イラクの飛行機が運休

イラク民間航空局からの発表によると、ロシアがカスピ海上空からシリアの標的に行ったミサイル攻撃のため、乗客の安全を考えてこのような措置を取ったという。
同局の決定によると、明日(8日)現地時間11時から通常ダイヤに戻るという。


イラク民間航空局は、11月23日にも同じ理由からイラクのアルビール空港とスレイマニエ空港からの発着便を48時間運休した。


キーワード:

注目ニュース