フランスの観光部門が打撃を受ける

フランスの同時多発テロ事件で最も影響を受けているのは観光部門である。

フランスの観光部門が打撃を受ける

マニュエル・ヴァルス首相は、解決策を見出すために観光部門の関係者たちと会談を行った。
11月13日にパリで発生したテロ事件により、町の中心にあるホテルの宿泊客は30パーセント減少した。
首都を訪れた観光客たちは、コンサートなど人が集まるイベントの参加には躊躇している。
パリでは観光部門で約20万人が働いている。


キーワード:

注目ニュース