フランクフルトで反資本主義運動「ブロキュパイ」によるデモ:290人が負傷、350人が逮捕

反資本主義運動「ブロキュパイ」の呼びかけで集まった1万人を超す人たちが新本部ビルの落成式に合わせて抗議運動を行い、290人が負傷、350人が逮捕された。

フランクフルトで反資本主義運動「ブロキュパイ」によるデモ:290人が負傷、350人が逮捕

 

ドイツをはじめヨーロッパ諸国から抗議者たちが集まり、警察車両に火を放ち、タイヤを燃やしてバリケードを作った。


多くの官公庁ビルに危害を加えた抗議者たちを制止するために、警察は放水銃、ペッパースプレー、こん棒を使用した。

武力衝突化した抗議運動のためにフランクフルトは戦場と化し、住民たちは家から出ることができず、ビジネスセンターなどはシャッターが下ろされたままだった。

「ブロキュパイ」運動の支持者たちは、貧困化の責任は13億ユーロ(約1700億円)をかけて新本部ビルを建設した欧州中央銀行にあると考えている。


キーワード:

注目ニュース