【新型コロナウイルス】 ワランク産業技術相「PCRの代替となる革新的なキットのプロトタイプが6月に完成」

トルコ共和国産業技術省のムスタファ・ワランク大臣が、新型コロナウイルス感染を早期に発見し、PCR検査法の代替となる革新的な診断キットを開発しており、プロトタイプは6月に完成することが期待されていると発言した。

1416776
【新型コロナウイルス】 ワランク産業技術相「PCRの代替となる革新的なキットのプロトタイプが6月に完成」


 

 

ワランク大臣は、5月13日、「新型コロナウイルス・トルコ・プラットフォーム」が主催した「トルコの診断力仮想会議」で演説をした。

 

ワクチンと薬の開発活動はウイルスがトルコの国内に入る前に開始していると説明したワランク大臣は、「我が国の最も有能な学者たちと集まり、ロードマップを作った。現在17のプロジェクトが順調に進んでいる。その中には8つのワクチンのプロジェクトがある。年内に臨床前プロセスが完了すると予測している」と述べた。

 

ワランク大臣は、薬の分野では化学的な面にも生物工学的な面にも目を向けた9つのプロジェクトが進められていると説明し、「6月に、このプロジェクトのひとつであるトルコの天然資源による合成薬の分野で大きな良い知らせがある」と述べた。

 

ナノメカニカルシステムを利用した革新的なアプローチにより、PCR検査法の代替となる新型コロナウイルスの診断キットが開発されていることに触れたワランク大臣は、「このキットにより、新型コロナウイルスの潜伏期間に、症状が現れる前の状態で、30分で検査結果を出すことが目標である。プロトタイプは6月に完成することが期待されている。世界の手本となるキットが開発されている」と述べた。

 

 

 

(2020年5月13日 水曜日)

 

 

 



注目ニュース