【衝撃の新説】 レオナルド・ダ・ヴィンチは「トルコ人」だったのか

ルネサンス期を代表するイタリアの芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチは、実は「トルコ系ハザール人」だったかもしれない・・・という説が飛び出した。

【衝撃の新説】 レオナルド・ダ・ヴィンチは「トルコ人」だったのか

 

 

 

有名な芸術史家のシモン・ヒューイットさんが、ルネサンス期を代表するイタリアの芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452年4月15日〜1519年5月2日)の祖先はトルコ系ハザール人だった可能性があるという説を展開した。

 

この説は、ヒューイットさんが1495年に描かれたあまり知られていない漫画からインスピレーションを受けて執筆した『レオナルド・ダ・ヴィンチ・アンド・ザ・ブック・オブ・ドゥーム』という本に載せられている。イギリスの新聞『ガーディアン』の取材に対し、ヒューイットさんはレオナルド・ダ・ヴィンチを「赤毛」と関連づけた。

 

ヒューイットさんは『ガーディアン』の記者に、「15世紀のイタリアのミラノで、赤毛は極めて珍しかった。レオナルド・ダ・ヴィンチは、アジアのステップ地域から黒海や東ヨーロッパに広がった、赤毛でトルコ系のハザール人の流れを汲んでいるのではないかと推測している」と語った。

 

 

 

(2019年10月3日 木曜日)

 

 

 

 



注目ニュース