イズミルで世界ロボット選手権の予選開催

イズミルで行われた世界ロボット選手権の予選で、若い科学者たちが、飢餓問題を解決するためのプロジェクトを生み出した。

979606
イズミルで世界ロボット選手権の予選開催

「科学の英雄協会」がフェア・イズミル・Dホールで「食糧問題」をテーマにして開催された試合に、トルコの16県から109チームが参加した。

若者たちが作ったロボットの競争で、人々は大いに熱狂した。

「飢餓カテゴリーの若者」「飢餓カテゴリーのスター」「秩序カテゴリーの若者」「秩序カテゴリーのスター」「サッカー」の5種目で行われたオリンピックで、若い科学者たちが食糧問題に関する研究を行った。

「秩序カテゴリー」では、農業製品や食糧分配などの分野でプロジェクトを開発している若者たちは、自ら考案したロボットにより、食糧の栽培、水撒き、収穫、凍結との取り組みなどの分野で研究を行った。

「飢餓カテゴリー」では、若者たちは浪費を防ぐためのプロジェクトを考案した。

「サッカー」のカテゴリーでは、人々はとても興奮した。

競争するロボットを、競技場の脇にいた考案者たちやその家族が応援した。

各カテゴリーで首位になったチームは、2018年11月16-18日にタイで開催される大決勝戦に参加する機会を手にする。

それぞれのカテゴリーを勝ち抜いた11チームは、様々な国際試合に参加する権利を得ることになる。

 

(2018年5月26日)



注目ニュース