【新型コロナウイルス】 東京都推奨、虹のマークの「感染防止ステッカー」の店で集団感染

東京都が力を入れて普及に取り組んでいる、虹のマークの「感染防止徹底宣言ステッカー」を取得した店で、新型コロナウイルスの集団感染が確認された。

1471853
【新型コロナウイルス】 東京都推奨、虹のマークの「感染防止ステッカー」の店で集団感染

 

 

 

日本(にほん)の東京都江戸川区(とうきょうと えどがわく)にある飲食店で、新型コロナウイルスの感染者が8人確認された。この店は、東京都が発行した虹のマークの「感染防止徹底宣言ステッカー」を取得した店だった。

 

江戸川区の発表によると、7月30日に利用客が新型コロナウイルスに感染したことが判明したため、8月1日に江戸川区保健所が調査を開始した。8月4日に12人に対しPCR検査が行われ、8月11日までに7人の感染が確認された。

江戸川区は、8月3日までに店を利用した人に対し、体調が優れない場合は管轄の「帰国者・接触者相談センター」に連絡をするよう呼びかけている。

 

 

店がインターネットサイトで行った発表によると、店は、今回確認された集団感染とは関係なく、東京都からの時短営業要請(営業時間の短縮の要請)を受け、8月4日から休業している。店は、当初の予定通り8月31日まで休業し、9月1日に営業を再開すると告知している。

店のインターネットサイトには8月12日現在も虹のマークの「感染防止徹底宣言ステッカー」が掲示されている。

 

 

虹のマークの「感染防止徹底宣言ステッカー」は、東京都が新型コロナウイルスの感染拡大防止と経済社会活動との両立を図るために策定した「事業者向け感染拡大防止ガイドライン」を徹底させることを目的に発行しているステッカーで、これが掲示された店や施設は安心して利用できる場所であることを示す。店や施設のほかにイベントを登録することもできる。

ステッカーの取得方法はいたって簡単で、東京都のオンラインの「感染防止徹底宣言ステッカーの作成フォーム」で店や施設やイベントの情報を登録し、18ほどあるチェック項目のすべてにチェックを入れるだけで取得することができる。

ステッカーの発行は店や施設の事業者またはイベントの主催者の自己申告に基づく申請によってのみ行われ、東京都がステッカーを取得したすべての店や施設やイベントに対しチェック項目がきちんと守られているかを確認することはない。東京都は、「必要に応じて、東京都または東京都の指示を受けた者が施設を訪問し、感染防止対策について直接確認をする場合がある」と説明している。

 

 

 

2020年8月12日 水曜日

文責: 浅野涼子

 

 

 



注目ニュース