【日本】 新型コロナ禍での東京都知事選 投票開始

東京オリンピック・パラリンピックの開催が左右されるかもしれない都市の知事選挙に世界の目が釘付けになっている。

1449054
【日本】 新型コロナ禍での東京都知事選 投票開始

 

 

 

日本(にほん)の首都東京都(とうきょうと)の知事を決める選挙「東京都知事選」の投票が、日本時間の7月5日7時に始まった。

 

日本のメディアの報道によると、登録されている有権者の数が1146万8938人の東京都知事選に、現在知事を務めている小池百合子(こいけ ゆりこ)さんをはじめ、過去最多となる総勢22人が立候補している。

 

新たな感染者が続々と増え続けるなか行われた選挙戦で、東京都選挙管理委員会が投票所の混雑を緩和するために期日前投票を行うよう呼びかけたことにより、東京都選挙管理委員会が7月4日に行った中間発表によると、期日前投票が開始された6月19日から7月3日までの時点で、前回(2016年7月31日)の東京都知事選での期日前投票をおよそ6万人上回る137万8422人が期日前投票を行った。この数は、登録されている有権者の数のおよそ12パーセントに当たる。

 

 

 

 

2021年に開催が延期された東京オリンピック・パラリンピックへの対応と新型コロナウイルス対策が最大の争点となっている東京都知事選の投票は、日本時間の20時に締め切られ、開票作業へと移る。

 

 

2020年7月5日 日曜日

文責: 浅野 涼子

 

 

 



注目ニュース