【新型コロナウイルス】 日本の安倍首相が7都府県に緊急事態宣言

新型コロナウイルスの感染が拡大する日本で、ついに緊急事態が宣言された。

1393002
【新型コロナウイルス】 日本の安倍首相が7都府県に緊急事態宣言

 

 

 

日本(にほん)の安倍晋三(あべ しんぞう)首相は4月7日、首相官邸で行われた政府の新型コロナウイルス感染症対策本部で、緊急事態を宣言した。

 

安倍首相は、「全国的かつ急速なまん延による国民生活および国民経済に甚大な影響を及ぼす恐れがある事態が発生したと判断し、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法第32条第1項の規定に基づき、緊急事態宣言を発出する」と述べた。

 

緊急事態の対象は、新型コロナウイルスの感染拡大が急激に拡大している東京都(とうきょうと)、神奈川県(かながわけん)、埼玉県(さいたまけん)、千葉県(ちばけん)、大阪府(おおさかふ)、兵庫県(ひょうごけん)、福岡県(ふくおかけん)の7都府県で、5月6日までの1か月間効力がある。

 

緊急事態が宣言されたことにより外出自粛を要請する法的根拠はできたが、罰則を科すなどの強制力はない。

 

安倍首相は、「もっとも重要なことは、何よりも国民の行動変容、つまり、行動を変えることだ。専門家の試算では、私たち全員が努力を重ね、人と人との接触機会を最低7割、極力8割削減することができれば、2週間後には、感染者の増加をピークアウトさせ、減少に転じさせることができる」と述べ、国民に外出を自粛するよう要請した。

 

 

 

2020年4月7日 火曜日

文責: 浅野涼子

 

 

 



注目ニュース