【阪神・淡路大震災から25年】 令和初の追悼

6434人の命が奪われるという大惨事となった、マグニチュード7.3の阪神・淡路大震災(はんしん・あわじだいしんさい)の発生から四半世紀を迎えた。被災地を中心に各地で地震が発生した時刻に追悼行事が行われた。

【阪神・淡路大震災から25年】 令和初の追悼

 

 

日本(にほん)は1月17日、日本独自の時代「令和」(れいわ)に入ってから初めての阪神・淡路大震災の日を迎えた。1995年1月17日に発生したマグニチュード7.3を記録した大震災で6434人の命が奪われ、約25万棟の住宅が全半壊した。あれから25年が過ぎた。

 

 

地震が発生した時刻である日本時間の1月17日5時46分(トルコ時間の1月16日23時46分)に、被災した神戸市(こうべし)を中心に各地で追悼の祈りが捧げられた。

 

 

 

 

 

全国各地で行われた追悼行事「1・17のつどい」には、東京(とうきょう)駐在のトルコ共和国特命全権大使、ハサン・ムラット・メルジャン大使の姿もあった。

メルジャン大使は、神戸市の東遊園地(ひがしゆうえんち)で、地震が発生した時刻に、集まった人々と共に祈りを捧げた。

 

 

 

 

 

 

 

 

◇ ◇ ◇

 

被災者の高齢化や地震発生時刻により、近年追悼行事の減少傾向が続いている日本で、「記憶の風化」を懸念する声が聞かれている。

大震災の発生から四半世紀が経ち、当時の記憶や教訓をどのようにして未来に伝えていくかが日本の課題となっている。

 

 

 

(2020年1月17日金曜日 文責: 浅野 涼子)

 

 

 



注目ニュース