世界最強パスポートはまたしても日本

日本は、ビザなし渡航および到着時のビザ取得の機会の観点から世界で最も有利な国となった。

世界最強パスポートはまたしても日本

 

ヘンリー・パスポート・インデックスによると、2020年初頭時点で191か国とビザなし渡航および到着時のビザ取得で協定を結んでいる日本は、渡航の自由の観点から最も有利なパスポートを所有している国となった。

リストでは190か国とこのような合意を交わしているシンガポールが日本に続いた。

国際航空運送協会(IATA)のデータによって特定されたランキングでは、189か国と渡航の自由協定を結んでいる韓国とドイツが第3位、188か国と合意しているイタリアとフィンランドが第4位、187か国と合意しているスペイン、ルクセンブルク、デンマークが第5位を共有した。

世界全土で11か国と渡航の自由および到着時のビザ取得協定を結んでいるトルコは、リストで第55位にランクインした。

199か国のパスポートを渡航の自由の観点から比較した同リストでは、シリア、イラク、アフガニスタンが最下位にランクインした。

 

(2020年1月8日)



注目ニュース