【日本】 長崎、原爆投下から74年 市長「核禁止条約批准」を訴える

1945年8月9日に日本の長崎に原爆が落とされてから74年が経った。

【日本】 長崎、原爆投下から74年 市長「核禁止条約批准」を訴える

 

 

 

8月9日、長崎市(ながさきし)の平和公園(へいわこうえん)で平和祈念式典(長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典)が行われた。

日本時間の10時45分(トルコ時間の4時45分)に始まった平和祈念式典には被爆者や遺族など約5900人が参列した。

原爆が投下された日本時間の11時2分(トルコ時間の5時2分)には黙とうが捧げられた。

 

長崎市の田上富久(たうえ とみひさ)市長は、式典で述べた平和宣言の中で唯一の戦争被爆国の責任として、一刻も早く核兵器禁止条約に署名、批准するよう訴えた。

一方の安倍晋三(あべ しんぞう)首相は、式典で述べたあいさつの中で核兵器禁止条約に触れなかったことが日本のメディアで話題になった。

日本のメディアの報道によると、安倍首相は、3年連続で核兵器禁止条約についてあいさつの中で話をしていない。8月6日に行われた広島(ひろしま)での式典でも核兵器禁止条約に触れなかった。

 

長崎の原爆死没者名簿には、この1年間に死亡が確認された3402人の名前が新たに記された。これにより、原爆死没者名簿に記された人の数は18万2601人になった。

 

 

 

(2019年8月9日 金曜日)

 

 

 



注目ニュース