【日本】 安倍首相、米との緊張緩和働き掛けに向けイラン訪問へ

日本の安倍晋三(あべ しんぞう)首相が、アメリカとの仲介役を担うためにイランを訪問する。

【日本】 安倍首相、米との緊張緩和働き掛けに向けイラン訪問へ

日本の共同通信で報じられたニュースによると、菅義偉(すが よしひで)内閣官房長官は記者会見に臨み、安倍首相がアメリカ政府とイランの間の緊張を緩和するためにイランの首都テヘランを訪問すると述べた。

日本の首相によるイラン訪問は41年ぶりとなると強調した菅長官は、

「首脳レベルで緊張緩和を働き掛け、イランによる核合意の順守と地域の安定のための建設的な役割を果たすことは極めて重要だ」と語った。

共同通信関係者に基づく情報によると、6月12-14日に行う訪問で、安倍首相がイランの最高指導者アリー・ハメネイ師とハサン・ロウハニ大統領と会談することが予定されている。

安倍首相は先月、ワシントンを公式訪問した際に、アメリカのドナルド・トランプ大統領にイランとの仲介役を担うことを提案し、トランプ大統領はこの提案を支持した。

 

(2019年6月6日)



注目ニュース