【ゴラン高原】 日本の菅官房長官 「イスラエルによる併合を認めない」

日本政府の菅義偉(すが よしひで)官房長官が、「イスラエルによるゴラン高原の併合を認めない」と表明した。

【ゴラン高原】 日本の菅官房長官 「イスラエルによる併合を認めない」

 

 

 

日本のメディアの報道によると、菅官房長官は3月26日、閣議の後の記者会見で、アメリカのドナルド・トランプ大統領が、シリアの領土であるゴラン高原をイスラエルの領土として認めるという大統領決定に署名したことについて言及し、「日本はイスラエルによるゴラン高原の併合を認めない立場であり、変更もない」と表明した。

 

トランプ大統領は3月25日、「アメリカは、ゴラン高原について、イスラエルの主権を正式に認める」と宣言した大統領決定に署名した。

アメリカの首都ワシントンで行われた署名式には、イスラエルのビンヤミン・ネタニヤフ首相も出席した。

トランプ大統領は署名式で、「ゴラン高原におけるイスラエルの主権を認めた」と述べた。

 

署名が行われたのとほぼ同じ時刻に、イスラエルのジェット機がガザを攻撃し始めたことが伝えられている。

 

 

 

(2019年3月26日火曜日)

 

 

 


キーワード: 菅義偉 , ゴラン高原

注目ニュース