日本の北海道で地震 M5.7

日本の北部の北海道でマグニチュード5.7の地震が発生した。

日本の北海道で地震 M5.7

 

 

 

日本のメディアの報道によると、日本の国を構成する4つの大きな島の中で一番北にある北海道で、日本時間の2月21日21時22分頃(トルコ時間の2月21日15時22分頃)、マグニチュード5.7の地震が発生した。

震源は胆振(いぶり)地方中東部で、震源の深さは約30キロと観測された。

 

第一報によると、地震による死者、負傷者、大きな被害は報告されていない。

 

日本の気象庁は、津波の心配はないと発表した。

 

 

北海道では2018年9月6日にも今回の地震と同じ胆振地方中東部を震源とするマグニチュード6.7の地震があり、その影響で発生した大規模な土砂崩れで41人が死亡、749人が負傷した。北海道内全域で大規模な停電も起きた。

 

 

 

(2019年2月21日木曜日)

 

 

 


キーワード: 土砂崩れ , 津波 , 気象庁 , 地震 , 胆振 , 北海道

注目ニュース