日本の安倍首相、「ノーベル平和賞にトランプ大統領を推薦」報道に沈黙

日本の安倍晋三(あべ しんぞう)首相が、アメリカ政府の依頼により、ドナルド・トランプ大統領をノーベル平和賞候補に推薦したという報道に関してコメントすることを避けた。

日本の安倍首相、「ノーベル平和賞にトランプ大統領を推薦」報道に沈黙

 

 


 

安倍首相は2月18日、議会下院(衆議院)の予算委員会で、ある議員からこの報道について質問されると、「ノーベル平和賞は、ノーベル委員会は推薦者と非推薦者を50年間は明らかにしないという方針に乗っ取って、コメントを差し控えたい」と述べた。

 

その一方で、安倍首相はトランプ大統領を称讃し、「トランプ大統領は北朝鮮の核ミサイル問題の解決に向けて、果断に対応した。昨年(2018年)はアメリカと北朝鮮との間で首脳会談をした」とコメントした。

 

トランプ大統領が、北朝鮮政府が日本の国民を拉致したことに関する日本政府の懸念を北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)国務委員長に伝えたことを話し、トランプ大統領のリーダーシップ力を高く評価していると表明した安倍首相は、「ホワイトハウスをあげて、問題解決のために協力している」と述べた。

 

 

 

(2019年2月18日月曜日)

 

 

 



注目ニュース