世界とは「一味」違うバレンタインを味わう日本

2月14日の「恋人の日」は、日本では「バレンタインデー」と呼ばれ、女性だけが男性にプレゼントを贈る、という独特の文化が生きている。

世界とは「一味」違うバレンタインを味わう日本

 

 

 

2月14日の「恋人の日」は、日本で世界とは全く異なるやりかたでお祝いされている。

この日は、日本では「バレンタインデー」と呼ばれ、女性だけが男性に贈りものをする日であるとされている。

 

日本では、「バレンタインデー」に最も人気のある贈りものは、チョコレートである。

日本の「バレンタインデー」文化の形成については諸説あるが、日本チョコレート・ココア協会の見解によると、日本独自の「バレンタインデー」のスタイルは、1950年代末頃に始まり、1960年代から1970年代にかけて国民的な行事として定着したと見られる。

日本のチョコレート業界の努力により、「バレンタインデーはチョコレートを贈る日」であると定義された日本には、その日が近づくと世界中からチョコレートが集められる。多くの店が「バレンタイン特別コーナー」なるものを設置し、日本の女性たちがチョコレートを売っている店にどっと押し寄せる、という光景が毎年見られる。

 

 

 

 

この時期にしか販売されないチョコレートも販売されることから、「バレンタインデー」はチョコレート好きな人を中心に多くの日本の国民の関心事項となっている。

 

 

 

 

日本では、チョコレートは「片思いの人」や「夫」や「恋人」など、いわゆる「好きな人」にだけではなく、「職場の同僚」「職場の上司」「友人」「親戚」などといった人々にも贈られている。

 

「片思いの人」や「夫」や「恋人」など、いわゆる「好きな人」に贈られるチョコレートは、「本命チョコ」と呼ばれている。

 

「職場の同僚」「職場の上司」「友人」「親戚」などの人々に贈られるチョコレートには、トルコ語で「義務」とか「務め」とかといった意味に相当する「義理チョコ」が贈られる。

日本の女性たちは、男性たちに「義理チョコ」を贈ることで、日ごろお世話になっていることへの感謝の気持ちを示したり、「友人」「上司と部下」「親戚」などの人間関係があることを意思表示したりすることができる。「義理チョコ」の意味や目的や価値は、チョコレートの種類によって表される。

 

 

 

 

 

「義理チョコ」を贈る習慣は、日本の社会の土壌が生み出した日本独自のもので、1970年代から1980年代にかけて定着したのではないかと見られている。今では全国的に贈られている「義理チョコ」ではあるが、日本では賛否両論のようで、毎年「バレンタインデー」が近づくと議論の的となる。

職場などで「チョコレートを渡すことを強制されている」と感じる女性や、「お返しをしないといけない」ことを苦痛に感じる男性が増えてきたことから、特に近年、「『義理チョコ』をやめよう」という動きが高まってきた。今年は「義理チョコ」を禁止する会社も増え、日本国外のメディアも日本の義理チョコ文化に変化が見られてきたと報じられた。

 

このように、日本では「義理チョコ」は少しずつ姿を消していく感がある。しかし、それと同時に日本では、「義理チョコ」に代わるものとして、友人どうしで贈り合う「友チョコ」、自分に贈る「マイチョコ(自分チョコ)」、チョコレート以外のものを贈る「脱チョコ」などといった種類の「チョコレート」が現れた。さらには、日本の「バレンタインデー」のしきたりに反し、男性が女性に贈る「逆チョコ」なるものまで登場した。

仮に「義理チョコ」が廃れたとしても、日本の「バレンタインデー」は留まるところを知らず、独自の路線をまっしぐらに突き進みながら、さらなる発展を遂げていくものと思われる。

 

 

 

 

 

 

日本では「バレンタインデー」に対する日として、トルコ語で「白い日」という意味の「ホワイトデー」がある。

「ホワイトデー」はバレンタインデーの1か月後の3月14日で、「バレンタインデー」に女性からチョコレートをもらった男性がお礼をする日として定められている。1970年代に始まったと見られる「ホワイトデー」は、「贈りものにはお返しをする」という日本の文化が生み出した日本独自の年中行事であり、日本では「バレンタインデー」と肩を並べるビッグイベントとなった。

「ホワイトデー」が全国的な行事となったのは、日本のお菓子業界の賜物で、基本的にはこの日にはキャンディやマシュマロなどが贈られる。

 

 

 

2019年2月14日木曜日

文責: 浅野涼子 (ryoko.asano@trt.net.tr)

 

 

 

 

 



注目ニュース