【日本】 15年間閉じ込められていた女性が遺体で発見

15年間部屋に鍵をかけて閉じ込められていた女性が、遺体で発見された。

878548
【日本】 15年間閉じ込められていた女性が遺体で発見

日本で家族によって窓のない部屋に15年間閉じ込められていた33歳の女性が死亡した。

日本の警察は、窓さえない部屋に15年間閉じ込められていた女性が遺体で発見され、女性の家族が殺人罪で逮捕されたと発表した。

遺体で発見された33歳の女性の体重は42キログラム未満であり、寒さが原因で死亡したことが伝えられた。

日本の大阪府で発生したこの事件で警察は、家族が女性を家の隣りにある暖房のない広さ39平方メートルの部屋に15年間閉じ込め、1日に1度食事を与え、チューブで水を飲ませていたと発表した。家族は警察への供述で、女性が精神病にかかり、暴力をふるうようになったために女性を閉じ込めたと話した。容疑者の初公判は数か月以内に開かれる。

 

(2017年12月29日)


キーワード: #日本 , #殺人罪 , #大阪

注目ニュース