着物姿で晴れやかに アンカラの日本大使公邸で今上天皇の誕生祝賀会

日本の今上天皇が12月23日に誕生日を迎えるのを祝福するため、駐トルコ日本国特命全権大使の岡浩大使が祝賀会を開いた。 祝賀会では、日本文化を紹介する目的で日本料理や日本の飲み物が振る舞われた。

627319
着物姿で晴れやかに アンカラの日本大使公邸で今上天皇の誕生祝賀会

 

 

今上天皇(第125代)の83回目の誕生日が、首都アンカラで祝われた。

 

日本の岡大使が今上天皇の誕生日を祝福する目的で、日本大使公邸で祝賀会を開いた。

祝賀会では、岡大使が、理恵子夫人、中津博宜(なかつ ひろゆき)武官とともに接待した。

祝賀会には、在外公館の代表者や招待客が多数参加した。

 

着物で華を添える

祝賀会では、何人かの大使館職員たちが日本の伝統的な衣装「キモノ」を着て参加した。

祝賀会では、「寿司」「てんぷら」をはじめとする日本料理や、米からつくられた飲み物「酒」が振る舞われた。

岡大使は、祝辞の中で日本とトルコの間の近い関係について触れた。岡大使は、今年は、2か国の関係のはじまりとなった軍艦エルトゥールル号の事故から126年目であると振り返った。
岡大使は、日本国大使として2国間関係をさらに何段階も飛躍させるために力を尽くしたいと言葉を添えた。

 

(2016年12月9日金曜日 ヒュリエット紙より)

 

 


キーワード: #今上天皇 , #誕生日 , #岡浩 , #日本

注目ニュース