日本で参議院選挙

7月10日に日本の国会の参議院議員が選ばれる選挙のために、国をあげての選挙活動が始まった。

516233
日本で参議院選挙

7月10日に日本の国会の参議院議員が選ばれる選挙のために、国をあげての選挙活動が始まった。

国会の参議院の121名の議員が選ばれる選挙において、選挙権年齢を20歳から18歳に引き下げたことに続き、投票する若者の数が200万人増えたことが伝えられた。

安倍晋三首相率いる連立政権が、経済を活性化させるために適用している「アベノミクス」の計画に支援を求めていることが伝えられている。

共同通信の報道では安倍首相が、

「経済が上向きになっていることを未だに感じられないという人々がいる。我々はこの計画を今のところすぐには達成していないが、ギアをあげ、力強く進んでいきたい」と述べたことが伝えられた。

日本国民の多くが最近になって、国内の経済成長と経済計画が持続するのかという懸念を抱いていると明らかにされている。

共同通信の報道した選挙アンケートの参加者の62.2%が「アベノミクス」に疑念を抱いていることを明らかにした一方で、28%が今ある政策を信用していると述べた。

日本の国会の参議院の242名の半数が3年に一度新しく選ばれている。日本で一番最近あった参議院選挙は2013年7月に行われた。

日本の国会を形成する参議院と衆議院の議員は国民から選ばれている。



注目ニュース