「このことを知っていますか」 第32回

タフタクシュラル民俗博物館

1466029
「このことを知っていますか」 第32回

 

カズダーにトルコ初の民間の民族博物館があることを知っていましたか。

 

バルケシル県エドレミト区にあるタフタクシュラル村に初の民間の民族博物館があります。タフタクシュラル村出身の教師アリベイ・クダル氏がテュルク語族の文化が忘れられないように設立した同博物館では中央アジアから現在に至るタフタジュ族のテュルク語族の文化遺産が展示されています。これらの中にはテュルク語族によって使用されていたテントの見本、昔から使用されていた家財道具、テュルク語族の衣装、お金を入れる袋、鞍袋、キリムなどがあります。また博物館の中にある部屋の1つには特別な芸術作品が展示されているアートギャラリーもあります。

博物館で最も興味深い部分は、世界最大のオサガメウミガメのはく製です。本来南米の沿岸に暮らすウミガメが道を間違えてエーゲ海沿岸に到着し、1997年に漁師の網に引っかかって死にました。重さ360キロ、全長197センチメートルのウミガメは、劣化しないよう毎年定期的に特別な物質で新しくされています。ある船舶のスクリューにぶつかって負傷した105歳の別のウミガメもこの大きなカメのすぐ隣に展示されています。



注目ニュース