オスマン帝国*宮廷の味 《その16》

ボラーニ

1421955
オスマン帝国*宮廷の味 《その16》

 

 

 

数あるオスマン帝国の宮廷料理の中から選りすぐりの16品をお届けする「オスマン帝国*宮廷の味」。

第16回は、トルコ南東部のシャンルウルファにもう一度皆さんをお連れします。

世界初の科学の中心地、シャンルウルファから今日ご紹介する料理は「ボラーニ」です。

 

 

材料は以下の通りです。

 

 

羊肉(カレー用など角切りのもの)

1キロ

黒目豆(ブラック・アイド・ピーズ)

1カップ

ひよこ豆

1カップ

フダンソウ(茎の部分のみ)

1束

小さじ1杯

こしょう

小さじ1/2杯

2リットル

澄ましバター(バターで代用可能)

大さじ1杯半

尻尾の脂

50グラム

 

 

ブルグル・キョフテの材料

 

インジェ・ブルグル(極細粒のひきわり小麦)

3カップ

トマトペースト

小さじ2杯

唐辛子粉またはプルビベル(赤唐辛子フレーク)

小さじ2杯

1個

小さじ1杯

 

 

秘伝のレシピは、シェフで文化研究家のユヌス・エムレ・アッコルさんにご説明いただきましょう。

 

 

さあ、お時間が参りました。

 

ビデオのスタートボタンをクリックし、舌鼓を打ちながら、オスマン帝国の宮廷料理の味をごゆるりとご堪能くださいませ。

 

 

 

(2020年5月22日 金曜日)

 

 

 



注目ニュース