「このことを知っていますか」 第37回

ゴルディアスの結び目

「このことを知っていますか」 第37回

 

歴史上ゴルディアスの結び目の伝説と記されている場所がトルコの首都アンカラにあったことを知っていましたか。

 

ゴルディアスの伝説は、アンカラ県ポラトル区にあるヤッスホユクにあったフリギア文明のものです。

伝説によりますと、ゴルディアスの結び目は牛車を柱にくくりつける複雑難解な結び目でした。新たなリーダーを模索していたフリギア人に司祭から都市に牛車で最初に入った者を王に宣言するよう言われました。この人物こそがゴルディアスでした。ゴルディアスは王になり、牛車を神殿で披露しました。数世紀後、ゴルディアスの牛車は、結び目を説いた者がアジアを支配するという噂で有名になりました。アレクサンドロス大王は紀元前334年に結び目を解こうとしましたが、失敗しました。我慢できずに刀を抜き、結び目を真っ二つに切りました。アレクサンドロス大王はペルシャ帝国を征服し、アジアを支配しようとしていた33歳の時に亡くなりました。彼の死は、学者たちによりますとゴルディアスが結び目を解くために焦って行動した結果であると見られました。

 

 

出典:関連インターネットサイト



注目ニュース