「トルコ料理」 第33回

レヴァニ

「トルコ料理」 第33回

 

プログラム「トルコ料理」から皆さんこんにちは。今日のプログラムでもまたオスマン宮廷料理があります。デザート類に入るこの食べ物の名前は「レヴァニ」です。「レヴァニ」は、セモリナ粉入りのケーキの上にシロップをかけて作られるデザートです。しかし、宮廷料理の一部料理のように埃が積もった歴史の棚に埋もれているデザートではありません。現在でもなおレストランや家庭で作られ、愛されて食べられており、作り方が簡単なデザートです。レヴァニのデザートの由来に関しては広く伝わっている言い伝えがあります。17世紀にスルタン、ムラト4世がアルメニアのエレヴァンを征服します。宮廷の料理人たちはこの勝利を祝福するためそれまで全く作られたことがないデザートを創作します。デザートの名前も、当時エレヴァンの名前であった「レヴァン」という単語にちなんで「レヴァニ」と付けられます。オスマン料理の申し子である「レヴァニ」はトルコの一部地域では「スポンジ・デザート」または「ヨーグルト・デザート」としても知られています。それでは早速「レヴァニ」のレシピをご紹介しましょう。

 

レヴァニを作るためにまず材料を挙げましょう。

・卵 4個

・砂糖 カップ1

・ヨーグルト カップ1

・油 カップ1

・セモリナ粉 カップ1

・小麦粉 カップ2

・ベーキングパウダー 10グラム

・すりおろしたレモンの皮 1個

・砂糖 カップ4

・水 カップ5

・レモン汁 2分の1個

・ココナツファイン 大さじ2

 

次はレヴァニの作り方です。まず、デザートのシロップを準備するために、砂糖と水を鍋に入れます。弱火で約30分沸騰させてからレモン汁を加え、熱を取るために火から下ろします。それから卵と砂糖をミキサーで砂糖が完全に溶けるまで混ぜます。続いて順番に、油、ヨーグルト、バニラパウダー、レモンの皮、セモリナ粉、ふるった小麦粉、ベーキングパウダーを加えてから混ぜる作業を続けます。オーブントレーにバターを塗って生地を流し入れます。前もって180度に温めておいたオーブンで30分ほど焼きます。オーブンから取り出した熱いケーキの上に冷めたシロップをかけます。ケーキがシロップを完全に吸ってから切り、上にココナツファインを散らして出します。それではどうぞ召し上がれ!

 

プログラム「トルコ料理」では今日、オスマン時代から残るデザートである「レヴァニ」のレシピを皆さんにご紹介しました。次のプログラムでまた別のトルコ料理でご一緒するまでごきげんよう。


キーワード: トルコ料理

注目ニュース